アクセサリーショップBinich 検索 買い物かご
素材について
【シルバー925】
当店で取り扱っております、シルバーはそのほとんどがシルバー925製となっております。
シルバー925とはシルバーをアクセサリーとして使用する場合に最適な品質を誇る素材を示します。
(素材全体のシルバー保有率が92.5%であり残りの7.5%に銅等が配合されています。)

保有率を100%にするととても柔らかくなってしまいアクセサリーとしては不向きで、
細かい彫金等も素材が柔らかくなってしまうと出来なくなってしまう為です。

イギリスでは925を「スターリングシルバー」(sterling silver)と表し、これを使用しているアクセサリーは高品質である事を定めています。

海外輸入の商品には一部、入荷時期により【925】の刻印が入っていないものもございます。
刻印がない当店の商品につきましてお客様のご希望がございましたら
国内のジュエリー工房にて【925】の刻印を入れることも可能です。
※こちらは有料となりますのでお問い合わせ下さい。
燻し加工
燻し加工とはシルバーアクセサリーのデザインに重厚感を付ける為に黒く加工する事を言います。
燻しはシルバーが硫化ガスに反応する性質を上手く使用して加工しています。

注意点としてはシルバー洗浄液等に着けてしまうと燻しがとれてしまい重厚感が失われてしまいます。
メンテナンスは燻し部分は軽く磨く程度にしましょう。
シルバー925ご注意点
シルバーは硫黄につけると変色する恐れがありますので温泉等はお控え下さい。
体質により、かゆみ、かぶれを生じる場合があります。皮膚に異常を感じた場合はご使用を止め専門医にご相談ください。
サウナなど高温の場所でのご使用は、火傷の原因となる場合がありますのでご注意ください。
シルバーアクセサリーは空気中の硫化ガスと反応して変色して黒くなります。(硫化)
黒ずんでも、きちんとお手入れしてあげることで、元の輝きを取り戻します。 当店ではメンテナンスセットの取り扱いもございます。
クロス&スプレーポリッシュセット シルバースパークル(洗浄液)
【ステンレススチール316L】
金属アレルギーを引き起こしにくく優しい素材として人気のステンレス。カラー展開が豊富なのも魅力です。
当店で取り扱っておりますほとんどが、316L(サージカルステンレス)です。

316Lは医療用のメスやはさみなどにも使用されています。
硬度が高いため、傷がつきにくく耐久性に優れ水にも強い。お手入れが簡単で、美しい輝きが続くのもステンレスの特徴です。
ステンレススチールご注意点
研磨剤入りのクロス等で磨くとコーティング加工が薄くなってしまう恐れがあるのでシリコンクロスなど柔らかい布でお手入れしてください。
硬度が高いので加工が難しい。リングが抜けなくなったときには、切断がとても大変です。きついリングを無理やり入れることはお控え下さい。
【真鍮(ブラス)】
真鍮=ブラス。 銅と亜鉛の合金。アンティークな雰囲気の味のある黄色が特徴です。
安価なものが多く手軽に使えるとういう点でも人気の素材です。
時が経つにつれて風合いが素敵に変化していくのが真鍮アクセサリーの最大の魅力といえます。
真鍮ご注意点
真鍮は湿気や塩分に弱いので、アクセサリーをつけて汗をかいたまま、手入れせずに放置しておくようなことを何度も繰り返すと、
金属表面の酸化や硫化が進んで、緑青という青緑色のさびが発生することがあります。

ご使用後のアクセサリーは、柔らかい布で汗や湿気や汚れを拭きとってから、湿気が少なく通気性の良い場所に保管するようにして下さい。
【天然石】
お守りなどとしても根強い人気の天然石。種類やカラーが豊富で、同じ石でも模様が異なるなどのオリジナル感も魅力の一つです。

当店にございますストーンは海外からの入荷商品もございます。
天然石を加工【カット、板状・練り状にしたもの】も天然石と表記させていただいております。
天然石ご注意点
天然石の種類によって硬さも異なりますが、繊細なもので衝撃に弱いものもございます。
また、商品によっては仕様で割れやカケなどがあるものもございます。また、入荷時期により色や形が異なる場合がございます。
【レザー(皮革)】
動物の皮をやわらかくして耐久度などを上げるために、なめし加工を施したもの。
牛、蛇、鹿など種類が豊富にある。
色や種類によって、ナチュラルでカジュアルな雰囲気の物や、シックで高級感漂う大人なイメージもある、ふり幅の広い素材です。使い込むほどに生まれる風合いと肌になじむ心地良さがレザーの醍醐味です。
レザーご注意点
レザー特有のしなやかさや強度は、適度な油分を保つことで維持されており、
日常的に使用するうちに油分がなくなって、“ひび割れ”が発生してしまいます。

また、レザーは水気や湿気、熱に弱いので、雨や乾燥しやすい環境に注意が必要です。
万が一水に濡れてしまうと乾燥後に縮んでしまったり、直射日光にあたると退色してしまったりととってもデリケート。レザーアクセサリーは入浴などは必ず外して、濡れた場合はすぐに拭いていただくようお願いします。


お手入れは水に浸けて固く絞ったやわらかい布で表面の汚れを拭き取り、直射日光を避けた
風通しの良い場所で乾燥させ、市販のレザーオイルなどを塗り込んで再び乾燥させます。
しっかりとお手入れしてあげれば成長していくかのように深みのある表情を見せてくれます。